子犬が11度目の保護施設へ戻され、職員が事態に気づく

528

犬を飼うということは、一般的な考えとは裏腹に難しいことである。特にその犬が過去に逆境に耐えてきた場合、大きな責任が伴う。しかし、困難にもかかわらず、最も充実した仲間の中には、最大の苦難に直面した犬もいる。

ベンジーは何度も保護施設に戻され、みんなを困惑させた。ベンジーは11回保護されたが、それぞれの飼い主が薄っぺらな言い訳をしただけで連れ戻された。真実が明らかになったのは、新しい訓練生がベンジーを家に連れて帰ろうと決めたときだった。彼らが発見したのは、シェルターで誰もが予想した以上のものだった……。

 

ベンジーの復帰

unsplash.com

ラブラドール・レトリーバーとゴールデン・レトリーバー、そしてアジアン・ビレッジ・ドッグの混血であるベンジーは、正確な犬種については謎に包まれたままだった。保護施設にいる間はよく躾けられていたが、家族の中で安定を得るのに苦労した。

ステイシーが車で保護施設に戻るとき、彼女の感情は揺れ動いていた。ベンジーは後部座席で眠っていた。ステイシーは、この問題を抱えた犬に解決策を提供できると信じていたにもかかわらず、彼を12回目の保護施設に戻すという現実に直面し、罪悪感に苦しんでいた。とはいえ、ステイシーたちはついに、この犬が何度もシェルターからいなくなる理由を突き止めたのだった……。

1 / 29